砂利が敷き詰めれた庭にする|真っ更な空間で心も落ち着きます

夫婦

大切な手入れとは

一軒家

芝生をキレイな状態を維持させるためには、芝刈りなどの手入れを定期的に行なう必要があります。手入れの中でも特に芝刈りは重要ですから、欠かさず行なう必要があるのです。面倒だと思って伸びてから芝刈りをしようと考えている人が多く、それが原因で芝生を枯らしてしまうでしょう。芝生は成長する際に草の部分だけでなく茎の部分も同じように成長してしまい、その状態で芝刈りをしてしまうと草の部分がなくなってしまいます。そうなってしまうと、緑の芝から白い茎だけの状態になってしまうのです。問題はそれだけではなく、茎だけでは太陽の光が当たっても光合成をすることができませんので成長することはできません。草が伸びてくることもなく、栄養が足りなくなってしまい枯れてしまうでしょう。せっかく芝張りをしても手入れを怠ってしまうとこのような問題が発生してしまいます。茎だけでは肥料を与えるなどの手入れを行なっても意味がないので注意してください。芝生は縦にも横にも成長するという性質があるため、芝刈りをすることによって縦に伸びる栄養を全て横の成長に回すことができます。それによって、芝生の密度を高めて緑の多い芝生に変えることができるでしょう。芝生の密度を高めることで地面のすき間を失くすことができますし、雑草の種が地面に付着することを防ぐことができるのです。芝刈りだけでなく肥料を与えたり、雑草が生えてこないように除草剤を散布したりするという手入れを行なう必要があるでしょう。