砂利が敷き詰めれた庭にする|真っ更な空間で心も落ち着きます

夫婦

芝生を敷く前に

芝生

芝生のある庭を手に入れるためには、芝張りという作業を行なう必要があります。芝張りを上手く成功させることができれば今後も素敵な庭を維持することができるため、これを失敗してしまうと全てが台無しになりますので注意してください。芝生を張る前に、そこが芝生を育てるのに適している環境かチェックしましょう。芝生を育てることで重要なことは日当たりが良好で水はけが良く、風通しが良い所なのかということです。日陰だと太陽の光で光合成をすることができなくなってしまいますし、日当たりが悪いとどうしても水はけが悪くなってしまいます。ですから、芝張りをするのであれば1日中太陽の光が当たる所が最適で、5時間以上日光が当たることが最低条件です。芝生を育てる最高の環境を見つけた後は、今度はそこに生えている雑草を除去したり、そこにあるたくさんの小石などを取り除いたりしましょう。雑草や石を取り除かないと、見た目が悪くなってしまい石があると芝刈りの時に邪魔になってしまいます。雑草などを除去した後は庭の土を耕して、その上から砂を撒いて厚さを5cm程にするのです。その次に芝生用の床土を厚さ3cmにしてから、水を散布して平らにします。これで芝生の床土は感性ですので、後は芝張りをすれば芝生の完成です。芝張りには様々な方法があってすき間なく芝生を張るべた張りや、芝と芝の間隔を空ける目地張りという芝生の張りかたがあります。いろいろな張りかたがありますので、その人の気に入った張りかたをして自分だけの庭にしてみてください。